正直読書

本のこと、日常のこと。司書の勉強中。

怪盗クイーンシリーズの感想が書けない

困った・・・

何作か怪盗クイーンを読み終えたのだが、感想文が書けない。
大好きな作品なのに、大好きな一文もいっぱいあるのに、なぜか文章にできない。由々しき事態だ。
今回はこの問題について考えていく。

どうして書けないのか

正直、怪盗クイーンを読んでいる最中、私の頭の中はグチャグチャだ。


「ワアカッコイイ」「キャアキャア」「え、ちょっと待って」「楽しい楽しい楽しい」「やばいもう一冊読み終える」「早い」「もったいないからもう一度この章読み直そう…」「楽しい楽しい楽しい」・・・


作品を読んでいて、今回はここが良い、とか、これを感想文の柱にしよう、と思うところはいくつもある。
しかし、物語に没頭するうちに忘れてしまうのだ。


それに、読み終えた後に文章にすると、何だかしっくりこない。
読書中に感じた熱量や興奮をどうやって伝えれば良いのだろう、と考えているうちに、だんだん気持ちが萎えてくる。


結局、感想文になり損ないの短文がいくつも生まれては、日の目を見ないまま埋もれていくのだった。

対策案:慣れる?

怪盗クイーンを読んでいる時、興奮しすぎて深く思考することができなくなっている。
ならば、何度も何度も繰り返し読んで、耐性をつけてみてはどうか。


我ながら良いアイデアだと思った。
いくら大好きな作品でも、3回目には落ち着いて読むことができるはずだ。
冷静に感想を綴ることができるだろう。


しかし、ここで思いとどまる。
感想文を書くためとはいえ、熱量を意図的に抑えて臨む読書にどんな意味があるのだろう。


思い入れのある作品を何度も読むことはあるだろうが、感想文を作るために繰り返し読むなんて、ナンセンスではないか。
これでは課題と変わらないのではないか。

行き詰まったので・・・

怪盗クイーンの感想文を書きたいだけなのに、話がそれてしまっている。
ここは賢人の考えを拝借、ということで、冬木糸一氏のインタビュー記事を引用してみる。


blog.hatenablog.com

3〜4年間、ブログのPVは1日12ぐらい。それでも続けられたのは、ただ、楽しかったから

率直な気持ちで書かれた「すげえ」には価値がある

以上の2つはそれぞれ記事の見出しなんですけど、「こうありたい」の一言に尽きる。
もうね、読書感想文の本質を突きまくっている。


正直、読書をしていて楽しい時は「すげえ」ってことしか頭に浮かばないし、それ以外の表現が嘘っぽく感じられる。
その正直な感覚を文章にしていく作業の積み重ねなのだろう。


ブログを初めてちょうど1年、最近は記事をアップすることにも慣れてきて、自分の書いた文章がどのような評価をされているのか気になることもある。
スターがついたり、Twitterにいいね!がつくと嬉しくなり、もっと欲しくて「良い感想文」を書こうとする自分がいる。


でも評価っていうのは副産物のようなもので、本当は自分がやりたいからやってるだけなんだよね。仕事じゃないし。
当たり前のように思えるけど、最近忘れがちだった気がする。


というわけで、今後も「正直な」読書感想文を楽しくやっていきたいとおもいまーす!

色々突っ込みどころのある「封印再度 WHO INSIDE」

封印再度 (講談社文庫)

封印再度 (講談社文庫)

  • 作者:森 博嗣
  • 発売日: 2000/03/15
  • メディア: 文庫

終始ハッピーな2人

S&Mシリーズ5作目。
見所は間違いなく、萌絵ちゃんの企てたエイプリルフールの悪戯だ。


諏訪野や周りの大人を巻き込んでまで犀川先生に一泡吹かせたい萌絵ちゃんと、柄にもなく翻弄されまくる犀川先生がとても可愛い。


多少のトラブルはあったものの、クリスマスも一緒。しかも犀川先生の自宅で2人きり。
国枝先生もにっこりしちゃうほどの仲の良さ。
これでカップルじゃないなんて、逆に不純なような気もする。

ちょっとあざとい萌絵ちゃん

前作「詩的私的ジャック」でも指摘(駄洒落じゃないよ)したことだけど、萌絵ちゃんの成長が止まらない。


「詩的〜」では内面の成長が目立ったけれど、スマートさや艶かしさ、狡賢さなんかも身についたようだ。
一言で表すと、「魅力的になった」。
あざとい、とも言えるかもしれない。


「あざとい」と人を評する場合、それは必ずしもプラスの意味とは限らない。
でも言いたい。あざとい萌絵ちゃん素敵。


最初からこのキャラだったら、なんか鼻につく嫌な奴で終わっていたかもしれない。
萌絵ちゃんにここまで好意を持てるのはシリーズ5作の積み重ねがあるからだ。


正直なところ、「すべてがFになる」で初めて萌絵ちゃんを知った時、ザ・お嬢様という感じがあまり好きになれなかった。


だが、読み進めていくと、彼女なりに上手くいかなかったり、学んだりすることがあって、いじらしい。
シリーズを重ねていくうちに、「人格」を感じられるようになったのだ。


そして今、持てるものをすべて利用していく狡猾さや力強さが加わり、完全体になった萌絵ちゃんに死角はない。

肝心の謎解きは・・・

今回は、不思議な壺と倉の中の密室殺人に焦点を当てたストーリーだった。


壺の中にすっぽりと入った鍵を取り出す方法。
倉の中に「おじいちゃんはいなかった」と証言する孫。
誰も居ないはずの倉の中で吠える犬。


めちゃくちゃ素敵なミステリーだと思ってたのだが・・・



倉の中の密室殺人、本気ですか・・・?
正直、シリーズで一番無理のあるトリックだった。


孫と犬のくだりは「いやそれはないよ」と口に出しちゃうくらいだったし、
道中の交通事故も物理的には可能かもしれないけど、普通そんな行動取らないよな。


壺の方は、まあ。
そういうものなのね、と思えば飲み込むことができた。
まあ、許そう。



今作は萌絵ちゃんと犀川先生の活躍が素晴らしく、ミステリーのモチーフも良かった。
それだけに、謎解きがお粗末なように感じてしまった。

それ以外の感想

とりあえずタイトルが良い。
シリーズで一番キャッチーで、英タイトルも完璧(萌絵ちゃんは完璧って漢字書けないんだよね)。
シンプル・イズ・ザ・ベスト。


森博嗣作品で最も好きなタイトルは「夢・出会い・魔性」(「夢で逢いましょう」と「You may die in my show」と掛かってる!天才!)だが、それに次ぐ綺麗なタイトルである。



そして、物語の最後に登場する儀同世津子さん(何故かフルネーム)の隣人。
お前こんなに早くから登場してたのか…。


パソコンとTVの区別も付いていない、ナチュラルな機械音痴具合が恐ろしい。


彼女の動向は厳しく監視していきたい。

Kindle Paperwhite買ってよかったわ

お題「買って良かった2020」
2021年の投稿だが、去年買ったものなので…

f:id:oinusamausagisama:20201221114217j:plain

昨年の7月からKindle Paperwhiteを使い出したのが、本当に買ってよかった。
電子書籍を手にしてから、私の読書ライフは間違いなく充実感がアップしたので、どう良かったのかを紹介したい。

最大のメリット!片手で読める

電子書籍のメリットはたくさんあると思うけど、一番便利だと感じたこと。
紙の本も片手で読めるけど、本が閉じないようにしっかり抑えていないといけない。
電子書籍なら抑える必要はないし、机に置いてしまえばフリーハンドだ。
紙の本を読んでいた頃は気が付かなかったが、手放しで本が読めるって結構便利。


最近とても助かったのが、ネイル中に読書ができたこと。
指の腹で操作するように意識すれば、爪に塗料が付いていても全然オッケー。
画面に付いてしまったとしても、すぐに拭き取れば事なきを得るのでは。
紙だとこうはいかない。


両手を使う必要がないので、寝転がりながらの読書も捗る。

メリット②持ち運びやすさ

とにかく軽くて薄い。
私は通勤中に読書をしたいので、重くて嵩張るハードカバー本を敬遠していたのだが、そのストレスから解消されたのも嬉しい。
購入してダウンロードした本はオフラインでも読める。
それに気分によって本を選べるのが画期的。
当たり前のようだけど、紙の本を何冊も持ち歩けないからね…。


防水機能が付いているので、お風呂でも使える。
最初はジップロックに入れてたけど、最近はそのまま持ち込んでる。
初めて持ち込んだ時は、お風呂で小説を読むってこんなに贅沢なのかと愕然とした。

メリット③充電の持ちが良い

2週間くらい充電していなくてもイケる。
1日1時間程度読んでいてもそれくらい持つので、いちいち充電しなくて良いのが有り難い。

メリット④紙の本の定価より安い(こともある)

これは時期などにもよるが、大体安い。
たとえば私が購入した森博嗣のSMシリーズ10冊合本版は、それぞれ10%くらい安かったような気がする。
Kindleは日替わりや月替わりでセール本が特集されていて、100円以下で購入できるものもある。
私の好みの本はそういうところにはほとんど出ないが、あったらラッキーという程度でたまにのぞいている。



良いところはあげようと思えばもっとあるが、デメリットも書いてみよう。

デメリット①本を選ぶ楽しさはない

書店や図書館をブラブラして何を読もうか迷う時間が大好きなのだが、電子書籍で感じたことはない。
一応検索機能があるが、「ミステリー」で検索をかけようものなら、膨大なデータに押し潰されてしまうだろう。
また、ホーム画面に表示されるオススメ本も大抵好みではない。


画面が白黒だから表紙の雰囲気が伝わらないのもあるかも。

デメリット②本を買った気がしない

本当に困ったことで、現物がないと買った気がしない。
無料で閲覧できるデータが溢れている現代。
データにお金を払うっていう感覚が希薄なのだと思う。
クレジットカードを連携させているので、カード番号を入力することなく、誇張ではなく秒で購入することができる。
そして後から届くカードの請求…

総括して買ってよかった

いろいろ書いたけど、私は購入してよかったと思っている。
使ってみて分かったことは、紙の本も電子書籍もそれぞれ良いところがあるということ。


コレクションとして持っておきたいものは紙で買うし(図録とか)、持ち歩いて読みたいものは電子書籍だと良い。
あと巻数の多いシリーズものを集めるなら、スペースを気にしない電子書籍が適している。
素敵な出会いを求めるなら書店や図書館、もうターゲットが決まっているなら電子書籍と、人によって使い方はそれぞれだろうな。
私の場合、紙の本も電子書籍も購入するようになったから、以前より出費は増えたけどね…。


Kindle Unlimitedの感想はまた今度で。